情報商材・鑑定人

副業商材、情報商材の本当のところ、鑑定して参ります

FX投資指南 利確プランの考え方

calendar

reload

テツジです。

先回「FX投資指南」として損切りをテーマにした

FX投資指南 損切りの役割理解できていますか?

との記事を紹介しましたが、読者の皆様から「損切りに対するプランの考え方は目からウロコだった」といった、うれしいメールを頂戴しました。

その一方で

「利確のプランはどう考えれば良いか」

とのお問い合わせも同時に頂きました。

利確は損切りより難しいですが、利確プランを考えることは投資の醍醐味でもあります。

まあ、ひとつの記事だけで全てを語れるものではありませんので、今回はプラスアルファとしてぜひ採り入れて頂きたい、利確プランの基本的な考え方をひとつご紹介します。

相場を監視できる方はCプランを描いておくことがオススメ

仮に

・利確ポイント:Aプラン

・損切りポイント:Bプラン

としましょう。

このふたつの設定は、誰もが行っている一般的なトレードプランですよね。

これが間違っている訳ではありません。

ただ、先回もお伝えしたように相場は誰にもわからない訳です。

エントリーとイグジットの設定だけだと、変幻自在に動く相場に逆らわない柔軟性がなかなか身に付きません。

そこで、相場を監視できることが条件になりますが、Aに到達しなくとも利益を確保できるよう「Cプラン」を用意しておくことを私はオススメします。

例えばロングで入ったら思惑どおり上昇したけれど、利確ポイント直前で上昇がストップし、そこから逆行して結局損切りになったという経験はございませんか?

あるいはショートで入ったらプランどおりに下げだしたけど、少し下がったところでレンジのような状態になり、レンジが終わったと思ったら急上昇してロスカットをくらったといったケースはどうでしょうか。

私もFXを始めたばかりの頃は、結構それでやられました。

こうしたケースって、最初から逆行して損切りになるケースより、メンタル上のダメージが大きくなってしまうんですよね・・

(なのに、この点に言及しているFX商材や教材って、なぜだが少ない!)

その結果、特にトレードを始めたばかりの方には、「利確はとても難しい」といった苦手意識が植え付けられてしまいやすいんですよ。

そこでAに到達しなくとも利益を獲得し、精神的ダメージも回避できるプランCの設定はとても有益なプランになってくる訳です。

Cプランの具体例と考え方

ではCプランをどう描けば良いのか。

これは当然のことですが、プランを組み立てる根拠やルールは、皆様が採用されているトレード手法を前提に組み立てることが大切です。

例えばボリバンを使用されている方なら、3σタッチをAの利確ポイントにするなら、2σタッチでの折返しが確認できた場合をCにするだとか、フィボナッチを利用されている方なら、50%ライン到達がAプランだが、61.8%で折返しが確認できたら建玉を決済する、等々ですね。

そうは言われてもイメージが湧かないでしょうから、参考イメージとして、水平線でのレンジブレイクをモデルケースとした、手法例をご紹介しておきます。

まずAプランとして、赤のレジスタンスラインをブレイクしたら、仮に青の実線まで到達するとの利確目標を描いたとします。

↑図で説明すると○がエントリーポイントで、ブルー水平線が利確ポイントです。

しかし、チャート図の左側を見ると、一直線に下降してレンジが形成されたのではなく、小さいながら戻しが生じている部分が確認できます。

そこで、その点を根拠として、次のようなCプランを描くことにしました。

上図を見て頂ければ直感的にわかって頂けると思いますが、上図は左側の戻しの起点と戻り高値となったポイントにそれぞれ赤の水平破線を引いたものです。

で、Cプランの考え方はこんな感じになります。

・上の赤破線にタッチして戻された:下の赤破線をブレイクするまでは慌てず様子見(Aを継続)

・下の赤破線をブレイクした:Aをあきらめ、利確する。

誤解して頂きたくないのですが、こうしたプランが絶対正しいという訳で提示した訳ではありません。

例えばですが、上の図のケースでは下の赤破線をブレイクしたあと、再び戻ってきてAに到達する可能性だってあり得ます。

そうなったらCなんか用意せず、Aだけの方が簡単だし、儲かったとなります。

しかしCプランがなければ、そのまま損切りとなる確率も高まる訳です。

つまり、必ず勝てる・勝てないといった安直な話ではなく、損切りになってしまう確率を下げる戦略のひとつとして、Cプランという考え方もできますということです。

Cプランを描くもうひとつの利点

また、Cプランを描くもうひとつの利点は、チキン利確の回避にもつながります。

プランCがなければ

「うわっ、予想外に下がり始めた!!」

となった場合、心理的な焦りが生じ、その焦りが、例えば一瞬ロウソク足が陽線に転じた場面だけをとらえて

「こわい!もう利確しちゃえ!」

といったチキンハートでの、根拠のない利確を招きやすくなります。

これでは仮に利益になっても根拠がなく適当に利確しただけですから、勝率など安定するはずがありません。

その内、大負けして資産を大きく減らすことになるだけです。

大切なことは、皆様が採用しているトレードルールを基本に、根拠をもって利確して欲しいということです。

その前提にもとづき、例えば先ほど紹介したプラン事例のように

「予想したプラン以外に、相場がどのように推移する可能性が高いかを考える」

ことが大切です。

つまり、どのような推移においても「根拠のある戦略」を考えることが重要と言えます。

その「根拠」にもとづいて、「こうなった場合にはプランを変更し、このポイントで利確する」と定めておけば、チキン利確ではなく、根拠あるプランにもとづいた利確にもなります。

後は、そのプランが優位性のあるプランだったかどうかを振り返るべく、過去チャートで検証を行うことです。

こうした地道な努力がトレード力や相場分析力の強化となり、またそうした力が優良情報商材やツールの力を最大限に活かせるベースにもなってきます。

プランCの設計は試行錯誤の連続になると思いますが、その努力は絶対に無駄になりません。最初はなかな大変かも知れませんが、プランCを描くことの大切さを理解し、どうかトレードスキルアップに邁進してください。

folder バイナリーオプション

バイナリー美女子 レクチャー料後払いにご用心!
more...