情報商材・鑑定人

副業商材、情報商材の本当のところ、鑑定して参ります

メールマガジン 時鳥政経レポート天の時 検証評価

calendar

reload

テツジです。

皆様は「無料」ではなく「有料のメルマガ」を購読された経験はあるでしょうか。

私は1年ほど、有料メルマガを購読していた経験があります。

さて、今回はインフォーカートでランキング上位をずっと維持している人気商品の有料メルマガを取り上げてみることにします。

時鳥政経レポート天の時

  • 運営会社:アケーディア株式会社
  • メルマガ運営責任者:三神扶
  • Tel: 03-6369-8175
  • URL http://divineoracle225.com/

本記事で紹介する有料メルマガの商品名は

「時鳥・政経レポート「天の時」」

というもので、テーマとなっているのは株式投資です。

同メルマガはアフィリエイトをやっていないブロガーや、多くの現役投資家の方々からも高い評価を得ています。

しかし、評判だけを鵜呑するのは危険です。

課題やデメリットがないかしっかり検証してから購入を検討するようにしましょう。

時鳥・政経レポート「天の時」:ユニークな視点で投資スタイルは分類不能!

まず時鳥・政経レポート「天の時」を読んでみて最初に思った感想ですが、「分類が難しい!」というものです。

株式投資に関する分析ではありますが、テクニカル分析の類ではありません。

従ってRSIだのボリンジャーバンド等の類は登場しないです(おそらくこの先も)。

その上で敢えてチャート図に照らし言えば、時間足では日足や月足といった長期足が主体となります。

ではファンダメンタルズ分析かと言うと、そうとも言い切れないんですよね・・・

あまりネタバレになってはいけませんので、ニュアンスでお伝えします。

やや大袈裟な表現ですが、シークレットに”近い”情報や一般人が気付きにくい情報をユニークな視点で入手し、それをこれまた独自の投資戦略(ポートフォリオ型(分散型))に落とし込み、(長期での)優良銘柄をあぶり出すといった具合です。

また単純な推奨銘柄情報ではなく読み物でもありますから、投資戦略を説明するプロセスで日本の政策や経済状況にも詳しく触れる部分等があります。

その部分だけを取り上げればファンダメンタルズ分析の記事とも言えますが、とにかく異質でユニークです。

テクニカルだファンダメンタルズだではなく、「時鳥式オリジナルの視点・情報・投資法」との言葉が一番フィットすると思います。

 

時鳥・政経レポート「天の時」:この点は盛り過ぎ!

時鳥・政経レポート「天の時」で、これはいただけないと思ったのが下記のキャッチコピーです。

時鳥氏が選ぶ「基盤的国策銘柄」こそ、政官財のトライアングルが総力をあげて守る「黄金の銘柄」。安心、安全、堅実で絶対負けない投資を続けることが、遠からず巨富を掴む唯一の方法です。

”絶対負けない”はないでしょう!

堅実性を重視していることはわかりますが、そのシナリオどおりに株価が推移するかどうかは誰も断定できないはずです。

例えば日経平均に対する分析内容など説得力があり、頷ける部分もあるのですが、そもそも時鳥氏の情報ソースと解釈が正しいことが大前提になります。

その点に対して”絶対に”瑕疵がないと、言い切れるのでしょうか。

 

時鳥・政経レポート「天の時」:私には合わない

もし私が「時鳥式オリジナル投資法」を採用したいかと問われたら、私は「当面見送る」と回答します。

見送る理由の1つ目ですが、「時鳥式オリジナル投資法」を実践された方の確かな実績が見当たらなかったことです。

かなり探したのですが、信頼できるトレード記録は発見出来なかったですね。

 

2つ目の理由は、時鳥氏が推奨する銘柄について、読者側で妥当性や正確性を検証することが困難なことです。

そのため、例えば「新日鐵の株が買い」だと説明されても最終的には「信じるか信じないか」だけの話になります。

となれば、せめて一番目の理由となった信頼性の高い、実績情報をなおのこと検証する必要があります。

それを待つしかないというのが私自身の結論です。

 

三番目の理由ですが、「時鳥式オリジナル投資法」を実践するには長期保有が前提ですので資金的な余裕が不可欠になります。

が、良くも悪くも読者側の懐事情は顧みられていません。

仮に勝っている状況だったとしても、自分の資金が長期間塩漬けになるからです。

この点をカバーしてくれる短期取引情報があれば、また違った評価になったかも知れませんね。

 

以上のような見解ですが、時鳥・政経レポート「天の時」の購読料は月間3千3百円で途中解約もできます。

本を数冊買って株式投資に対するユニークな戦略などを勉強したいとのお考えであれば、時鳥・政経レポート「天の時」の購読を検討されても良いと思います。

ただ小資本で早期に成果が得られる投資方法をお探しの方や、短期足中心のテクニカル分析主体で投資を行いたいという方には、オススメできないですね。

この点は投資スタイルに応じてご判断ください。

folder バイナリーオプション

バイナリー美女子 レクチャー料後払いにご用心!
more...