情報商材・鑑定人

副業商材、情報商材の本当のところ、鑑定して参ります

お金持ちをめざすならESBIを理解しておこう

calendar

テツジです。

お金持ちを目指し、お金持ちになった方々が当然のように理解している・・・というより、理解していないとお金持ちになれない概念があります。

お金儲けの立ち位置を明確に示した、「ESBI」のクワドラント(四分割)です。

皆様が情報商材の評価を探っている目的は、「自分が稼げる情報商材を探す」ためでしょうが、そのゴールは何かと言えば、

「お金持ちになること」

だと思います。

お金持ちになりたいなら、ESBIを理解しておく必要があります。

ESBIを理解していなければ、「お金を稼げたとしても、お金持ちにはなれない」となってしまうからです。

当ブログを愛読して頂いている皆様にはぜひ理解しておいて頂きたい概念ですので、ESBIとは何か、お金持ちになるためになぜ理解しておく必要があるのか、本記事でわかりやすく説明します。

ESBIって一体何?

ESBIは私が愛読している著書、ロバートキヨサト氏の「金持ち父さん貧乏父さん」で紹介されている概念、キャッシュフロー・クワドラントの中で登場します。

クワドラントといった耳慣れない言葉では理解し辛いかと思われますので、ここは図を使って説明します。

ESBI図

ESBI図

上図のとおりESBIの左上の「E」は従業員、会社員と言われる立場の方々ですね。

次にその下「S」は自分で稼ぐ自営業の方、右上の「B」はビジネスオーナー、そして「I」はインベスター、即ち投資家です。

で、図の中央に赤いラインが引いてあるのがわかりますが、この4つの立ち位置は「お金の稼ぎ方」で、EとS、BとIのふたつに大別できるという意味です。

EとSつまり従業員と自営業者は、図に書いてあるとおり「労働収入」を通じてお金を稼ぐことになります。

次にBとI、ビジネスオーナー(会社のオーナー、企業オーナーと言っても良いです)と投資家がお金を稼ぐ方法とは「権利収入」です。

さて、EとS、BとI、どちらがお金持ちのイメージがありますか?

もうおわかりだと思いますが、お金持ちはEやSではなく、BとI、即ち権利収入を得ている方々ですよね。

もし皆様がお金持ちになりたいなら、できるだけ早くEまたはSの立ち位置から、BまたはIの立ち位置へと移る必要があります。

ではなぜお金持ちを目指すならEとSではダメで、BとI側を目指す必要があるのでしょうか。

EとSは自分を働かせる人・BとIは他者またはお金を働かせる人

EとSの労働収入は、自分が時間と労働力を提供することでお金を稼ぐ手法です。

一方、BとIは自分ではなく、ビジネスオーナーなら他者(組織)、投資家ならお金を自分の代わりに働かせます。

このふたつの稼ぎ方の最も大きな違いは、「限界の有無」です。

自分が働いて稼ぐには、自分の時間や能力を費やす必要があります。

しかし自分は一人しかいませんし、時間は1日24時間しかありません。

やれる仕事量は自ずと限りがあります。

例えば医者や弁護士、あるいは売れっ子芸能人は、時間あたりの労働単価が高いだけに過ぎません。

24時間を超えて働くことはできませんし、自分が働く上で必要とされる能力や体力が衰えてきたら、稼げなくなります。

一方、ビジネスオーナーや投資家は他者やお金を働かせるため、そうした制限がありません。

「お金持ちは益々お金持ちになる」とよく言われますが、稼げる限界がありませんので、お金が増えれば「働かせるお金」が増えることで、益々お金持ちになるという訳です。

従って、お金持ちになりたいと願うなら、自分が働くことで稼ぐのではなく、他者やお金を「働かせて稼ぐ」術を身に付ける必要があるのです。

テツジが投資商材をすすめする理由もESBIです!

テツジが優良商材として「投資」をなぜすすているのか、本記事で改めてご理解頂けたと思います。

商材が良いから・・・だけではありません。

お金持ちを目指すなら、「投資」で成功する方法を学ぶことが必須だからです。

これを避けて、お金持ちになる方法、正確に言えばお金持ちであり続ける方法はないからです。

また、例え優良商材であっても、アフィリエイトや物販をオススメしない理由もおわかり頂けたと思います。

大半のアフィリエイトや物販のノウハウは「EかSの立場で稼ぐ手法」ばかりだからです。

これでは、一時的に収入が得られても、自分が労働できなくなったら、稼ぐことができなくなります。

その上で、どうしてもアフィリエイトや物販でお金持ちを目指したいという方に提案しているのは、人材も確保された既存サイト事業のM&Aです。

例えばアフィリエイトサイトとしてすでに一定の収益があがっており、記事ネタをリサーチしたり、書いたりするライターも確保されており、要はサイトの管理やライターのマネジメントだけを行えば収益を得られるサイトをお金で買うことには、賛成します。

ESBIで言えば、「I」ではなく「B」になる手法だからです。

ただ、「I」と「B」を比較した場合、どちらが難しいかと言えば、明らかに「B」の方ですね。

学歴や年齢、性別に関係なく、どなたでも努力次第で成功できる可能性があるのは「I」なので、これからもテツジは「I」を軸に、オススメ商材をご提案していきたいと考えております。

「金持ち父さん貧乏父さん」はオススメの著書です。まだ読まれたことがない方はぜひ読んでみてください。

folder バイナリーオプション

バイナリー美女子 レクチャー料後払いにご用心!
more...